前回は AquesTalk Pi を使って音声出力を行いましたが、今回は Open JTalk を使ってみたいと思います。

インストールはapt-getを使って行えます。なお、一緒にテキストの分かち書きを行うMecabや辞書をインストールします。

[/crayon]

Open JTalkのオプションはかなり複雑で分かりづらいものになります。

[/crayon]

そのため、橋本商会 » Raspberry Piに喋らせるにてスクリプトが公開されており、これを例えば /usr/local/bin/jsay などに配置します。

さらに音声を変更します。MMDAgentが公開しているものがそのまま利用できます。

[/crayon]

後は簡単で、jsayコマンドに続けて喋らせたい日本語テキストを渡すだけです。

[/crayon]

そうするとwavファイルが生成されて、Raspberry Piの音声ファイル再生ソフトウェアのaplayerに渡されて再生される仕組みです。なお、jsayのスクリプトでは最後にwavファイルの削除まで行っています。

コマンドで使えるので、何か処理をした後に喋らせたり、センサーが閾値を越えたタイミングで警告音の代わりに使うと言ったようなアイディアも考えられますね。テキストは自由に変えられるので、プログラムとの連携も容易そうです。

via 橋本商会 » Raspberry Piに喋らせる