IoTに必要な要素、3回目は最も大事とも言えるネットワークについてです。必須な要素であるにも関わらず、意外とあまり深く検討されない要素でもあります。

network

私たちは普段の生活の中で自宅やオフィスの光回線であったり、スマートフォンのLTE回線に慣れ親しんでしまっています。そのため、ごく低速な回線や不安定な状態に対して想像できなくなっています。しかしIoTプロジェクトにおいて屋外での利用を想定すると必ず問題になるはずです。

屋外において高速なネットワークを使おうと思うと思い浮かぶのは携帯電話のネットワークでしょう。限られた地域であればWiMAXもありますが、多くの場合は3GまたはLTEになるかと思います。LTEは高速ですが、IoTを考える上ではちょっとスペックオーバーになりがちです。高速であるため、月額コストも高くなり、それは結果として運用コストに反映されてしまいます。

SORACOMのSIMを使った場合、最低月額300円、データ通信や速度による従量課金制となっています。一定時間ごとにデータを送信するだけであれば十分といえます。これであれば月額のサービス料としても1,000円以下で済むでしょう。

もしそれすら難しい場合、BlueToothや類似の近距離通信技術を使うのが一般的です。IoTデバイス自体はインターネット回線につながらず、スマートフォンやタブレットの持つネットワーク回線を使ってデータを送信します。そうすることでIoTデバイス側での運用コストを大幅に削減するというものです。データは一時的にIoTデバイスに保存しなければならなかったり、データのリアルタイム性が損なわれる可能性があります。

LTEや3Gネットワークにしても利用範囲に縛りがあるので注意が必要です。山奥では使えなかったり、外洋に出てしまうとまったく届きません。その場合は衛星通信を使うことになりますが、料金は跳ね上がるので利用できる機能は絞り込まれてしまうことでしょう。最近は船舶においてもブロードバンド並みの速度が出るようになっています。船舶向け回線はKDDIが提供しているようです。

ネットワークはIoTプロジェクトでは最後の最後まで検討されなかったり、SIMを差し込めば使えるようになると思われてしまっていたりします。料金やサービス提供に必要な速度、データ量などをきちんと考えた上で最適な形を選択してください。