CESは世界最大の家電見本市です。毎年一月に行われるのですが、そこに参加した弊社社員をはじめとして、CES報告会としてイベントを開催しました。

CES報告会~世界と日本のIoTを見てみよう~ – connpass

CES2016から見えて来たIoTの浸透度と今後について

ニフティ株式会社 ビジネス企画部 部長代理 吉田耕太郎氏

CESでは各社が目的を持ち、鋭い視点で製品を紹介しています。特に海外企業ではそれが顕著で、日本企業ではまだまだ目的が明確でない展示が多いようです。

また、CESの外(店舗、学校)などでは多くのIoT製品、案件が実施されています。資料は下記になります。

ホームオートメーションにおけるIoT

Connected Design株式会社 山口亮介氏

東急電鉄、イッツコム、ニフティの三社で立ち上げられた会社がConnected Designです。イッツコム社ではスマートホーム製品をすでに販売しており、2000を越える家庭で使われています。

さらにConnected Designでは多くのIoTデバイスをAPIを介してつないでおり、ドアを開けたりIPカメラやセンサーを統合的に管理できるようにしています。詳しくは下記資料をご覧ください。

ニフティのIoTへの取り込み

ニフティIoTデザインセンター センター長 市角栄康氏

ニフティではこれまでに70件以上のIoT案件を行っています。幼稚園のような施設から沖縄での害虫駆除までその内容は幅広くなっています。IoTデザインセンターではそうした案件を実際にクライアントと話し合いつつデバイスの開発から行っています。

IoTデザインセンターに関する詳細、案件の内容などは下記資料をご覧ください。


今後も世界中で行われるIoT関連イベントに参加し、その成果をフィードバックしていきたいと思います。ぜひご参加ください!